伝説のゲーム、スペランカー

ファミコンを初期からやっていれば誰もが知ってるゲーム
「スペランカー」

例に漏れず小さなころからファミコンと一緒だったボクも
その頃楽しんだ記憶があります。
ダメージの判定基準がとてもシビアで
油断してるとすぐに死にます。

なんか世界一の探検家だか冒険屋だった気がするけど
そんなに弱っちくていいのかよ!と
何度もツッコミをいれてました。

それがプレステ3のダウンロードコンテンツに入り
懐かしさとともに購入してしまいました。

それで気がついた事があります。
スペランカーですぐ死ぬという人の特徴は
「マリオ」を基準に考えている人なのです。
マリオはブロックや障害物にはばまれても
進めないだけでダメージにはなりません。
スペランカーはひっかかれば即死です。
そのギャップを埋められない人たちが
このゲームを恐ろしくも難しいものにしてしまっているのです。
何回かプレイしてみるとコツもすぐにわかりますよ。
マリオの事はわすれるんだ!(笑

プレステ版でちょっとおいしかったのは
グラフィックを昔のままか、今の立派なCGにできるか
選択ができる事です。
罠や障害物などの存在が今のCGのほうが分かりやすいので
新バージョンのビジュアルでプレイしています。

ていうかね、このゲームって物凄い
人間の心理を手玉にとっていますよ。
なんか、ホっとした所に巧妙に罠やシカケがあるんです。
思わず「やられたー!」って笑っちゃうくらい見事。

ファミコン世代の人には是非やってもらいたいゲームです。
ハーレムオブパイレーツ DMM.R18

お人形遊びが大好きでした

子どもの頃大好きだったのは、お人形遊びです。
毎日学校から帰ると飽きることなく何時間でも遊んでいた記憶があります。
年の離れた従姉妹たちから何体もお人形とお洋服や家具などをもらったので、私のお人形遊びは「リカちゃん」「バービー」「ジェニー」たちオールスター勢揃いな豪華な顔ぶれでした。
物語の設定は、毎日のようににぎやかにパーティーを開催するプリンセスの姉妹で決まりでした。 続きを読む